NE-FL221とNE-FL100の4つの違い!本体デザイン。

パナソニックの単機能レンジNE-FL221とNE-FL100は何が異なるのでしょうか。違いは4つあります。わかりやすく紹介します。

4つの違い

NE-FL221は2019年発売で、NE-FL100は2020年発売です。NE-FL221の方が上位モデルです。どちらも庫内容量22 Lの単機能レンジで、本体サイズや庫内サイズは同じです。

2つの機種で異なる点は、次のとおりです。

  • 本体デザイン
    NE-FL221はプッシュボタンでドアが開き、操作パネルにダイヤルがある。
  • レンジ出力
    NE-FL221は最高1000W、NE-FL100は最高900W。
  • 仕上がり調整ができるかどうか
    NE-FL221は調整できる。
  • ロック機能があるかどうか
    NE-FL100にはロック機能がある。

 

機能や価格を、表で比較すると次のようになります。

庫内容量 22 L (フラット)
型番 NE-FL221 NE-FL100
発売年 2019 2020
画像
     
パナソニック 単機能電子レンジ 22L フラットテーブル スピードあたため ヘルツフリー メタルブラック NE-FL221-K パナソニック 単機能電子レンジ 22L フラットテーブル スピードあたため ヘルツフリー ホワイト NE-FL100-W
参考価格

¥24,400〜(2021/10/17 08:45)
¥14,125〜(2021/10/17 08:45)
特徴 ハイグレードなフラット単機能レンジ。1000Wインバーターと蒸気センサーでスピーディーにあたため。メタルブラックデザイン。 シンプルなフラット単機能レンジ。900Wインバータと蒸気センサーを搭載。
モデル NE-FL221 NE-FL100
レンジ  
自動出力 1000 W: 最大1分30秒 (600 W) 900 W: 最大1分30秒 (500 W)

手動出力 600・500・150W相当
センサー 蒸気センサー
解凍 解凍 g設定必要
仕上がり調整
モデル NE-FL221 NE-FL100
使いやすさ    
プッシュドアオープン
ロック
庫内 白熱球庫内灯 (1か所)
液晶 光る文字液晶(バックライトあり)
庫内寸法 幅 321 mm × 奥行 365 mm × 高さ 206 mm
外形寸法 幅 488 mm × 奥行 380 mm × 高さ 298 mm
質量 約 9.8 kg 約 9.5 kg

違いについて詳しく見てみましょう。

本体デザイン

本体デザインや操作パネルの違いについて見てみましょう。NE-FL221は黒を基調としたデザインで、NE-FL100は白を基調としたデザインです。

次の画像がNE-FL221です。

パナソニック 単機能電子レンジ 22L フラットテーブル スピードあたため ヘルツフリー メタルブラック NE-FL221-K

ドアは右下のシルバー色の部分を押すことで開くようになっています。そのためドアには取っ手がついておらず、スタイリッシュなデザインです。ドアは左開きです。

操作パネルにはダイヤルがあり、時間や仕上がり、g解凍の調整がしやすくなっています。あたため・飲み物などの機能選択ボタンはダイヤルの上にあり、スタート・取消ボタンはダイヤルの下にあります。文字液晶はバックライトが付いており、暗いところでも見やすくなっています。

 

次の画像はNE-FL100です。

パナソニック 単機能電子レンジ 22L フラットテーブル スピードあたため ヘルツフリー ホワイト NE-FL100-W

NE-FL100はシンプルなデザインです。ドアには取っ手が付いており、これを手前に引いて開けます。これもドアは左開きです。

操作パネルを見ると、よく使う「あたため」と「飲み物」ボタンは大きく配置されており、遠目にもわかりやすくなっています。ダイヤルはないですが、代わりに「1分/100g」と「10秒/10g」のボタンを押すことで時間やg解凍を調整することができます。なお、ボタンで調整するため、数字は増やすことしかできません。ボタンを押しすぎてしまったときに面倒かもしれません。こちらも文字液晶にはバックライトが付いています。

レンジ出力

レンジの最高出力はNE-FL221の方がわずかに大きいです。

モデル NE-FL221 NE-FL100
レンジ  
自動出力 1000 W: 最大1分30秒 (600 W) 900 W: 最大1分30秒 (500 W)

手動出力 600・500・150W相当

自動あたためを使用するときに、NE-FL221は1000Wで、最大1分30秒まで加熱できます。その時間を過ぎると出力は自動で600Wに落ちます。NE-FL100は900Wで、最大1分30秒まで加熱できます。その時間を過ぎると出力は500Wに落ちます。

NE-FL221の1000Wの方がすこし早く温まるでしょう。とはいえNE-FL100の900Wでも単機能レンジとしては十分に強い出力です。

なお手動で加熱するときには、どちらの機種も出力は600・500・150Wの中から選択し、1000Wや900Wを選ぶことはできません。

仕上がり調整

NE-FL221では、オートメニューのお好みの仕上がりをダイヤルで選ぶことができます。「あたため」メニューでは標準・やや強・強の3段階から、「飲み物」や「解凍」メニューでは弱から強の5段階から選ぶことができます。

常温のコーヒーを温めるときは弱めで、冷蔵庫にあった冷たい牛乳を温めるときには強めで、というように調整できますので便利です。

ロック機能

NE-FL100には、チャイルドロック機能があります。ドアの開閉をロックするわけではありませんが、ボタン操作を受け付けないようにできます。ロックをするには、「解凍」ボタンを3秒長押しします。

幼い子どもがいるご家庭で、電子レンジを手の届く場所に設置する予定の方は、ロック機能があると安心ですね。

どちらがおすすめか

このように、NE-FL221はスタイリッシュな黒を基調としたデザインで、ボタンでドアが開くようになっています。操作パネルにあるダイヤルで仕上がり調整ができ、レンジの最高出力はNE-FL100よりも100W大きい1000Wです。

NE-FL100は、シンプルで清潔感のある白を基調としたデザインです。ボタンが大きく、わかりやすくなっています。レンジの最高出力は900Wあり十分に強いです。ロック機能があり、幼い子どもがいるご家庭でも安心です。

この2つの機種で一番大きな違いはデザインだと思います。NE-FL221のスタイリッシュなデザインに魅力を感じる方にはNE-FL221がおすすめで、NE-FL100のシンプルなデザインが好みという方にはNE-FL100がおすすめです

 

価格については、執筆時点では上位モデルのNE-FL221の方が6千円ほど高いです。やや高い気もしますが、毎日使うものですので好みのデザインの方を選べるとよいですね。

価格は次のようになっています。

庫内容量 22 L (フラット)
型番 NE-FL221 NE-FL100
発売年 2019 2020
画像
     
パナソニック 単機能電子レンジ 22L フラットテーブル スピードあたため ヘルツフリー メタルブラック NE-FL221-K パナソニック 単機能電子レンジ 22L フラットテーブル スピードあたため ヘルツフリー ホワイト NE-FL100-W
参考価格

¥24,400〜(2021/10/17 08:45)
¥14,125〜(2021/10/17 08:45)

なお、どちらの機種もターンテーブルのないフラットな庫内で、横幅が32.1 cmもあります。パナソニックのオーブンレンジと比べると、庫内容量26 LのNE-MS267が幅31.9 cmですから、それと同等の幅があります。大きなお弁当も入りやすくて便利です。またスクリューアンテナを搭載しており、マイクロ波を撹拌し、ムラを抑えて解凍することができますので、おすすめです。


スクリューアンテナのイメージ。(画像はパナソニック公式ページより引用。)

まとめ

パナソニックの単機能レンジNE-FL221とNE-FL100の違いについて紹介しました。NE-FL221はドアに取っ手がなく黒色のスタイリッシュなデザインで、NE-FL100は白色のシンプルなデザインです。価格も検討しながら、好みのデザインの方を選ぶと良いでしょう。

 

以上、NE-FL221とNE-FL100の4つの違い!でした。

参考

パナソニック 単機能電子レンジ 22L フラットテーブル スピードあたため ヘルツフリー メタルブラック NE-FL221-K
パナソニック 電子レンジ 22L フラットテーブル スピードあたため ヘルツフリー ホワイト NE-FL100-W